×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきび痕の原因と対策

尋常性瘡ができる原因は何かというと、にきびは皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)の毛穴に皮脂等が詰まってしまう事です。それだけではなくにきびの周囲が赤く腫れたり細菌感染して膿んでくる事もあるからです。これによ痛みを感じることもあるようです。まずニキビの身体の中からの原因としてあげられるのが、ホルモンバランスの変化、睡眠不足や夜更かし、偏食、ストレスなどです。

そのほかの吹き出物の原因には、外因性原因と呼ばれる肌に合わない化粧品の使用、皮脂や汗等の汚れ、活性酸素等があります。また、乾燥や薬の使用も吹き出物(皮膚にできる湿疹などのできものをいいます)が出来る原因と言えるといわれているようです。にきびは、1つの原因によってではなく、いくつもの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)が重なり合ってできる場合が多いようです。にきびやにきび痕の予防や改善はしっかりと対策を立てないと上手くいかないでしょう。それにはにきびができる要因となる様々な原因を把握することが必要です。

にきびやニキビ跡の対策が自分でできるものがあります。それは正しい洗顔法を身につけるということです。ぬるめのお湯でメイクや汚れをしっかり落とし、余分な皮脂も取り除いて下さい。シャワーを使ってキレイな水で洗顔料を洗い流します。決してゴシゴシこすったりして強い刺激を加えないで下さい。清潔なタオルを使うようにします。これ以外の自分で出来る吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)やにきび痕の対策方法としては、自分に合った化粧品を使うこともあげられます。肌のケアを正しい化粧品(試供品などを使ってみて、肌に合うかを確認することが大切でしょう)で行うことが、キレイに洗顔した後にまずやるべきことです。

肌に直接ぬる化粧水や乳液等は自分の肌質に合った物を選択して下さい。また汗をかきやすい夏と乾燥しやすい冬とでは基礎化粧品(試供品などを使ってみて、肌に合うかを確認することが大切でしょう)もタイプの違うものを選択するなど工夫しましょう。化粧品に含まれる成分には、吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)やにきび痕の形成を促す様なもの含まれているのです。また肌にとってはファンデーション(ケーキタイプ、クリームタイプ、リキッドタイプに分けることができます)は汚れですので、にきびやにきび痕の発症を促進し、悪化させてしまうこともあるかもしれません。いつもしている化粧が原因でにきびやニキビ跡が出来ることがありますので、自分の肌に合った化粧品を選んで使うようにすると良いでしょう。