×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

化粧品が原因でニキビが多くなることがある

化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)が要因でニキビが多くなることもあります。それは、この化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)を使ったからニキビができたとか、ニキビが増えてきてしまったといった事ではなく、化粧品(最近では、口コミをみてから購入する人も少なくありません)の成分が毛穴に詰まったりするのが原因でニキビが多くなるケースがあるという事です。

一番ニキビに良くないのは、洗顔をしない状態で寝てしまうこと。

お化粧をしていない状態で、洗顔をしないで寝てしまっても、皮脂(分泌量が少ないと、乾燥肌になってしまうでしょう)や外部からの汚れで毛穴を塞いでしまうはずです。これが、化粧を行っている状態で寝てしまったりしたら、もっと大変なことになってしまうでしょう。

化粧品と皮脂(過?に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)と汚れで毛穴が詰まって、ニキビの大きな原因になってしまうのです。

昼間のメイクを落とさないのだけが原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)とは限りません。普段のスキンケア(自分の肌に合う基礎化粧品をみつけるのは、とても大変ですね)、とりわけ就寝前のスキンケア(実は、体調や季節などによって、使う基礎化粧品も変えた方がいいといわれています)で、必要以上に油分の多い化粧品を使用したり、それを朝の洗顔できれいに落とし切れていない場合などは、やはり毛穴を塞いでニキビになってしまうことがあります。

こういった事から、化粧品もニキビを増やす原因になることもあるので、気をつけましょう。